柏市リフォーム会社評判ランキング | 人気の施工業者を厳選!

柏市内のリフォームを請け負う会社さんの口コミを集めて評判順にランキング形式でご紹介しています。

本当に信頼できるリフォーム会社を口コミから選ぶなら
屋根のリフォーム

プレハブの屋根の修理について

屋根のメンテナンスは行っていますか?特に物置等で使われるプレハブの屋根の修理などはおろそかになってしまいがちです。生活の拠点となる住宅にプレハブの屋根を採用している建物は少ないかと思いますが、物置や子供部屋などでプレハブを使った建物がある場合、しっかりとメンテンナスをして、問題が見つかったらすぐにリフォームをするようにしましょう。そもそもプレハブというのは、熱に非常に弱い性質があります。もともと薄い材料で出来ていますので、熱に弱いのも納得です。また熱によってプレハブが老朽化してしまうと、反りを生じてしまい、最終的に剥がれてしまうこともあります。

耐久性が弱い分、安価で購入することの出来るプレハブは、その分きちんとメンテナンスをしなければいけません。今ではプレハブの屋根にプレハブを守るための屋根材を使用することもあり、またコーティングによってプレハブの強度を向上させる方法もあります。どのような方法にせよ、大切な何かを守るために、プレハブで出来た建物の存在を今一度思い出してください。

リフォームによって得られる効果は様々あります。リフォームをする箇所によっても異なりますが、耐震性の向上だったり、デザイン性の向上、また利便性の向上など良いことづくしです。これらの向上だけではなく、最近では老後に備えてバリアフリー化を目的としてリフォームをされるご家庭も多いです。確かにリフォームによって得られるものはたくさんあります。ただ一つ忘れてはいけないのが屋根です。普段あまり気にすることの無い屋根だからこそ、良い機会なので今まさに屋根のリフォームをご検討してみてください。貴方が長年住んできた住宅の屋根は悲鳴を上げていませんか?もしかしたらすでに雨水が屋根材の中に侵入してしまっていることも考えられます。ぜひ一度屋根のメンテンナスをリフォーム業者に依頼してください。的確な診断によって、貴方の大切な住宅を守ってくれることでしょう。

柏リフォームブログ関連記事:
ガルバリウム鋼板のメリット
台風に備えた屋根のリフォームを

ガルバリウム鋼板のメリット

今多くの建物の屋根で使用されている屋根材と言えばガルバリウム鋼板が挙げられます。従来の屋根材よりもメリットが多いことから、屋根をリフォームをされる方の多くはガルバリウム鋼板を選んでいます。

そもそもガルバリウム鋼板というのは、アルミと亜鉛で鉄の部分を守ることによって誕生した鋼板となります。基材は鉄板であり、その中にアルミニウム、亜鉛、シリコンなどを溶融し、ガルバリウム鋼板として売り出されています。まだガルバリウム鋼板の歴史は浅く、1971年にアメリカで始めて開発されました。 そしてその数々のメリットがあるガルバリウム鋼板は住宅の屋根に使用することが当たり前となってきたのです。常に雨風にさらされることになる屋根材というのは、外壁材よりも優れた耐久性能が求められます。最近では屋根だけに限ったことではなく、外壁材にもガルバリウム鋼板を使用するケースが多く、続々とリフォームをされています。 さて、それではどうしてここまでガルバリウム鋼板を選ぶ方が増えてきているのでしょうか?ここでは簡単に3つの特徴をご紹介させていただきます。

まず1つ目としまして、やはり耐久性です。厳しい環境の中、24時間365日住宅を守る屋根は、特に耐久性が求められます。ガルバリウム鋼板はその耐久性に最も優れており、さらに大雪時の降雪にも耐えることが出来ます。

次に高度な加工にも耐えることが出来るということです。素材の質感を生かした模様から選ぶことができ、様々な住宅のデザインにマッチします。その他、曲線にしたり、高度に曲げたりすることも出来ますので、オリジナリティ溢れる屋根を実現することが出来るのです。

最後に見た目です。耐震性や耐久性は住宅で最も大切な部分ですが、やはりデザイン性も重要視したい部分です。どんなに耐震性に優れている住宅だったとしても、理想的なデザインで無ければ、納得することは出来ません。そこでガルバリウム鋼板の出番です。自由度の高いデザインを実現することが出来ます。

柏リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォームでおススメのガルバリウム
秀和リフォームの評判や体験談

台風に備えた屋根のリフォームを

最近自然災害が激増しており、日本だけではなく世界中で様々な被害を受けています。ここ日本ではこれまでゲリラ豪雨は年間でも少なかったのですが、まるで亜熱帯地方のように、頻繁にゲリラ豪雨を観測しています。また台風銀座とも呼ばれている日本には、初夏から秋にかけて非常に強い台風が上陸することがあります。ほぼ全ての台風は風だけではなく、凄まじい大雨をもたらし、日本全国で冠水被害が多発します。どんなに治水がしっかりと整備されているエリアだったとしても、台風の大雨にはなすすべが無く、多大なる被害を与えています。

もちろん冠水の問題だけではなく、台風によって建物の屋根を破壊することもあります。
台風が通過するとわかった時点で、屋根の補強をする方もいますが、強風に耐えることが出来ずに、結果屋根が吹き飛んでしまうこともあります。そうなりますともちろん台風が過ぎ去った後に修理をする必要がありますが、そこで素人判断で簡単な修理をしたところで、また台風が来た時に、同様の部分はもちろんのこと、連鎖反応もあって、次々と屋根が壊れてしまうことも十分に考えられます。
このことから、もし台風によって屋根に大きな損害が発生した際には、まずは信頼出来るリフォーム業者に相談をするようにしましょう。屋根の診断をすることによって、もしかしたら屋根全体の老朽化が進行してしまっていることもあります。しっかりとリフォームをして被害を拡大しないように対応をしましょう。

また気をつけなければいけないのが、瓦で出来た屋根です。確かに瓦の屋根は居住空間に快適性を提供してくれ、耐久性も非常に高くなっています。しかし台風などの直接的な被害が生じた際には、意外にもろく瓦に亀裂が走ったり、また均等に並んでいる瓦がずれてしまうこともあります。もしかしたら強風によって瓦が飛ばされてしまっているかもしれません。瓦による二次被害を防ぐためにも、定期的なメンテナンスと修理をするようにしましょう。

柏リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォームでおススメのガルバリウム
省エネ効果のリフォーム

屋根のリフォームでおススメのガルバリウム

屋根は、家や家族を守ってくれる大事な役割を果たしています。雨や風、雪、直射日光から家を守り、日々厳しい環境を強いられています。そのため屋根の寿命は、短いもので15年程度といわれています。寿命を過ぎれば機能を果たさなくなる、というものでもありませんが、色あせてきたりして建物の景観を損ねます。その屋根に使われる材料として「ガルバリウム」が最近注目を集めています。

屋根材には、主に瓦やカラーベスト、トタン等があります。瓦は昔から日本で使われていて、日本建築には欠かせない存在となっています。しかし、瓦は重く家の耐震性を損ねる要素でもあります。またカラーベストは、安価で軽く、加工性もいいことから広く普及しています。しかし、耐用年数が少なく本格的な家づくりには、いま一つという部分があります。トタン屋根も安く、加工性に優れていますが、雨音や断熱性に欠けます。夏場のトタン屋根の家は、とても暑くなります。

このように屋根材は、長所と短所を兼ね備えています。ガルバリウムは、上記の長所を残しつつ短所を失くした優れた屋根材になります。ガルバリウムは、アルミニウムと亜鉛メッキで構成される鋼板になります。そのため屋根に落下物があっても瓦のように割れることはありません。またアルミ主体でできているので、重量も軽く、カラーベストより軽い仕様になっています。耐用年数も長く30年40年経っても、変色が少なく建物の景観を維持できるといわれています。

またガルバリウム鋼板は、表面を塗り替えることも可能なのでイメージを変えたいときは色の変更ができます。ガルバリウムというと無機質な金属板をイメージされる方も多いと思います。最近では、カラーベスト風のガルバリウム屋根や波型のガルバリウムも発売されています。ガルバリウムの断熱性と遮音性の低さは、下地に軟質繊維板や屋根(もしくは天井裏)に断熱材を施せば、デメリットがクリアできます。 施工費用も瓦などに比べるとリーズナブルとなっています。

関連リフォーム記事:
レンガを使った外壁のリフォームについて
リフォームの前の情報収集の仕方