柏市リフォーム会社評判ランキング | 人気の施工業者を厳選!

柏市内のリフォームを請け負う会社さんの口コミを集めて評判順にランキング形式でご紹介しています。

本当に信頼できるリフォーム会社を口コミから選ぶなら
介護リフォーム

介護向けのリフォームは資格が必要?

介護向けのリフォームを行う際は、資格がなくても工事を行うことができます。トイレの手すりやバリアフリー化など介護向けのリフォームには、介護者に合ったリフォームがいろいろありますが、現状としてはリフォーム業者側に資格がなくても提案したり、ビジネスを行うことが可能です。そのために高齢者を狙った悪質な介護リフォームの提案も、後を絶たないのが現実のようです。

介護リフォームは、要介護認定を受けた方は助成金を活かしてリフォームを行うことができます。そのため通常の価格より安くリフォームが行えます。助成金の支給限度額は20万円となっており、それに満たない場合は工事費の9割を支給してくれる制度になっています。家のすべてのリフォームに適用されるわけではありませんが、介護目的の物ならたいていのリフォームが助成事項に該当してきます。
また申請の手続きも簡単で、領収書や工事明細書、リフォーム前後の写真を添付するだけで申請できます。
申請窓口も市町村の役場になっていますので、手軽に申請できます。

10年ほど前から東京商工会議所がプロデュースした「福祉住環境コーディネーター」という資格があります。
概要は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を整備するための調整役、と位置付けられています。従来の建築なら建築業者、介護は介護業者、医療は医療業者といったところをトータル的にコーディネートして住みやすい環境を作ることのできる資格です。現在では20万人を超える有資格者がいますが、この資格で独立している人は大変少ないようです。福祉用具の仕事に携わる方やホームヘルパーの人が、スキルアップの目的で資格を取得している傾向にあります。

しかし、どの業界でも言えることですが資格の有無によって相手の信頼性を決めつけると、判断に失敗してしまうケースもあります。ご自身の意向と専門員の意向が違い、納得いかないままにリフォームが完了してしまうと、どこかすっきりしないまま生活していかなければなりません。資格はあくまで判断材料のごく一部と考えておく方が良さそうです。

柏リフォームブログ関連記事:
介護側にも大事なリフォーム
介護リフォームの見積もり費用について

浴室のバリアフリーリフォーム

水回りのリフォームを希望される方が多く、中でも浴室のリフォームはとても多くのご家庭で求めている場所の一つです。浴室をリフォームして快適に入浴を楽しめるリラックス空間を作りたいと誰もが思うことです。確かにリラックス空間作りも大切です。しかしそれ以上に大切なことがバリアフリー化です。最近の統計では住宅内で最も事故や怪我が多くなっているのが浴室なのです。特にお年寄りの方に多く、不幸なことに浴室の事故が原因でお亡くなりになられた方もいます。今現在お年寄りと一緒に生活をしていなかったとしても、貴方自身年齢を重ねていくことによって、バリアフリー化が必要となってくることでしょう。

浴室のリフォームにはまとまった費用が必要となりますが、目的がバリアフリー化でしたら、助成金を申請することが出来ます。しかも助成金だけではなく、所得税から減税される制度もありますので、リフォームをすることによっての家庭の経済に大きな負担をかけてしまうこともありません。助成金を受けるためには、自治体に予め申請する必要があり、審査をパスすることが出来れば、決められた金額までもらうことが出来ます。

また減税に関しても、確定申告をすることが前提となっており、何も申請をしなければ、制度が適用されませんのでご注意ください。自治体によっては助成金も減税も申請方法が異なっていることがありますので、事前に窓口に問い合わせをして確認をしておくようにしましょう。

浴室のバリアフリー化を具体的にご説明しますと、手すりを付けたり、段差を無くしたり、また滑りにくい床に取り替えるなどが挙げられます。これらをリフォームすることで、お年寄りの方でも身体の不自由な方でも安心して入浴を楽しむことが出来るようになるでしょう。どのようにリフォームが進められているかはリフォーム会社に確認し、リフォーム期間は浴室が使えないこともありますので、その準備もしておくことが大切です。

柏リフォームブログ関連記事:
介護リフォームの見積もり費用について
浴室のユニットバスへのリフォーム工程

介護側にも大事なリフォーム

バリアフリーのリフォームは、介護される側にばかり意識がいってしまいますが、実は介護する側にとってもとても大切なリフォームなのです。介護するとなると、大変なストレスがかかってしまいます。精神的にも大きなストレスがかかってしまいますし、肉体的にも大きな負担がかかることでしょう。介護されている側も、大切な家族にストレスを与えているなんてとても辛いことですし、お互いにとってそのダメージは計り知れません。
介護される側も、介護する側も、どちらのことも考えてリフォームしていく必要があるのです。

バリアフリーのリフォームは、補助金が下りる場合があります。補助金制度を利用して、少しでも得バリアフリーリフォームしてみてはどうでしょうか。バリアフリーリフォームで、誰もが笑顔で過ごせる家を実現することが可能なのです。
バリアフリーリフォームをすることにより、今までは家族に通っていた人も自分1人で生活できるようになるかもしれません。自分1人で生活できるようになれば、老後も安心ですよね。

バリアフリーリフォームは、元気なうちから考えることも大切ではないでしょうか。
誰だって年月とともに体は年老いてしまうのですし、いつまでも元気な肉体でいられるという保障はありませんよね。若く元気なころから将来のバリアフリーリフォームについて考えれば、貯金することができますしどのような快適に過ごす事ができるか、予定を立てることができます。
まずやらなければならないと言われているのが手すりの取り付けです。手すりがあるとないとでは、大きな違いがあり手すりなしでは歩けない人でも、手すりがあると自分1人で歩くことができます。また、家中の段差を解消していく必要があるでしょう。
健康の人にとって全く問題のない段差形としても、足が不自由だったり膝が痛い老人にとっては大変な生涯になってしまいます。

転んでしまえば骨折してしまったり、最悪の場合命を落としてしまうことだってあります。

こういった事を考えて、ご家庭に合ったリフォームをされる事をおススメ致します。

介護リフォームの見積もり費用について

本日は介護のリフォームをされる際の見積もり費用の目安についてご紹介させて頂きます。

病気や事故、加齢のために体が不自由になってくると、今まで何の問題もなく暮らすことが出来ていた家が危険な場所に変わってきます。
僅かな段差でつまずいたり階段をのぼることが出来なくなったり、浴室の床で滑って転んでケガをしてしまったりします。このような事故が起りやすい場所では段差をなくしたり、すべりやすい床を替えるなど安全に過ごすことができるようにリフォームする必要があります。

このように障害者や高齢者のために家を改修することをを介護リフォームといいます。介護リフォームの一般的なものには次のようなものがあります。 転びやすいところや、歩く時の補助のための手すりの設置、床材を滑りにくいものに替えること、お風呂場やトイレなどを車椅子でも利用できるよう扉や中の空間を広くしたり立ち上がるときの補助に手すりを設置すること、段差をなくして歩きやすくしたりスロープをつけて車椅子でも移動できるようにすることなどです。

介護リフォームの大まかな目安としては縦方向の手すりを設置するのに11000円、ポーチに手すりを設置するのに40000円、段差解消のための踏み台を設置する費用は9200円ほどになります(材料費)。

費用がどのくらいかかるか知るためには見積もりを取る必要がありますが、見積もりをとるとその業者に依頼しなければならなくなったりするのが嫌だという人もいます。このような場合や相場がよくわからなくて困る時には当サイトの情報を是非が参考下さい。
金額に納得がいく業者のなかから、気に入ったところに依頼すれば良いのです。介護リフォームをする際には介護保険を利用すると工事費の1割を負担するだけですみます。
また50歳以上で同居している人が要支援、要介助など特定の条件を満たせばバリアフリーリフォームをすることで所得税が控除されます。