柏市リフォーム会社評判ランキング | 人気の施工業者を厳選!

柏市内のリフォームを請け負う会社さんの口コミを集めて評判順にランキング形式でご紹介しています。

本当に信頼できるリフォーム会社を口コミから選ぶなら
柏リフォームブログ

プレハブの屋根の修理について

屋根のメンテナンスは行っていますか?特に物置等で使われるプレハブの屋根の修理などはおろそかになってしまいがちです。生活の拠点となる住宅にプレハブの屋根を採用している建物は少ないかと思いますが、物置や子供部屋などでプレハブを使った建物がある場合、しっかりとメンテンナスをして、問題が見つかったらすぐにリフォームをするようにしましょう。そもそもプレハブというのは、熱に非常に弱い性質があります。もともと薄い材料で出来ていますので、熱に弱いのも納得です。また熱によってプレハブが老朽化してしまうと、反りを生じてしまい、最終的に剥がれてしまうこともあります。

耐久性が弱い分、安価で購入することの出来るプレハブは、その分きちんとメンテナンスをしなければいけません。今ではプレハブの屋根にプレハブを守るための屋根材を使用することもあり、またコーティングによってプレハブの強度を向上させる方法もあります。どのような方法にせよ、大切な何かを守るために、プレハブで出来た建物の存在を今一度思い出してください。

リフォームによって得られる効果は様々あります。リフォームをする箇所によっても異なりますが、耐震性の向上だったり、デザイン性の向上、また利便性の向上など良いことづくしです。これらの向上だけではなく、最近では老後に備えてバリアフリー化を目的としてリフォームをされるご家庭も多いです。確かにリフォームによって得られるものはたくさんあります。ただ一つ忘れてはいけないのが屋根です。普段あまり気にすることの無い屋根だからこそ、良い機会なので今まさに屋根のリフォームをご検討してみてください。貴方が長年住んできた住宅の屋根は悲鳴を上げていませんか?もしかしたらすでに雨水が屋根材の中に侵入してしまっていることも考えられます。ぜひ一度屋根のメンテンナスをリフォーム業者に依頼してください。的確な診断によって、貴方の大切な住宅を守ってくれることでしょう。

柏リフォームブログ関連記事:
ガルバリウム鋼板のメリット
台風に備えた屋根のリフォームを

店舗の床の内装工事について

店舗の内装を決める上で「床」の仕様選定も重要な要素になってきます。壁やインテリアも重要ですが、床の素材・色調によってお店の雰囲気もガラッと変わってきます。また床には、見た目のデザイン性だけでなく、機能性と耐久性も求められます。ほとんどの店内は土足で人が出入りします。中には、ヒールのかかとのゴムがとれて金属が出ている状態で靴を履いている人もいます。一般的な床であれば傷がついたり、表面のコーティングが剥がれたりします。完璧に床の状態を維持することは難しいでしょうが、ある程度は手間をかけずにきれいに保ちたいものです。

床材のコストは、一般的に数万円程度といわれていますが、下地の処理方法や店舗の大きさ、形状によっても変わってきます。材料のメーカーは、東リさんが有名で、大手の商社としてサンゲツも多数の商品を取り扱っています。お時間がある方は、一度お近くのショールームに行ってみることをお勧めします。実際の床材に触って見て確認できるだけでなく、メリット・デメリットなどの詳しい話を聞くこともできるでしょう。

インターネットでショールームや取扱販売店の検索ができます。床材の種類は非常に豊富で、価格設定も様々です。店舗の形態に合わせて、床の種類を選ぶことが必要です。またご自身の判断に合わせて、依頼先の施工業者とも相談することが望ましいです。施工業者によって得意な工事と得意でない工事があったりします。 無理にお願いして、リスクのある施工にするより、お互いがある程度妥協して完成度の高い、床工事をする方が無難といえそうです。一般的にショールームを行っている会社は割高感が有ります。

設計業者に内装を丸投げしている場合は、床のデザイン性だけでなく、実際の耐用年数を聞いてみたり、メンテナンスの必要性について確認しておくことも必要といえるでしょう。特にワックス・フリーかどうかは、維持費に大きな影響を与えます。尚、税務上の床の耐用年数は10年といわれています。お店の経営を考慮したうえで、床にかける予算配分の検討も必要といえるでしょう。

柏リフォームブログ関連記事:
美容室の内装工事を依頼する際に
スーパーマーケットの店舗デザイン

スーパーマーケットの店舗デザイン

スーパーマーケットの店舗デザインを行っている会社は、主に2種類に分けることができます。
1つはスーパー専門の建築屋さんでもう1つはハウスメーカーです。最初のスーパー専門の建築屋さんは、だいたい想像がつくと思います。スーパーのオーナーと打ち合わせを行って、店舗の外観デザインや内装、店内のレイアウトを決めていく仕事です。新規の建設もあれば既存店のリフォーム工事も多いようです。
最近では、特にリニューアルオープンという名目で、売り場や外装をリフォームして心機一転を狙うスーパーも多いようです。

近所にコンビニや食品の宅配業が拡大してくると、スーパーの売上減少も懸念されます。それを防ぐためにもリフォームして、売上維持、売上向上を狙うスーパーも多く見受けられます。リフォームのポイントとしては、外観や店内のフローリング、天井や壁紙、照明を新しくするケースが多いです。
特に内装の壁紙や天井は、比較的リーズナブルに交換でき、店内のイメージも大きく変わりますのでコストパフォーマンスに優れています。照明も生鮮コーナーの野菜が引き立つように明るめに設定したり、陳列棚の商品がよく見えるように照明の向きをかえたりして工夫を凝らしています。LEDもリーズナブルになってきていますので、積極的に採用されています。
店舗の規模によっては、町のリフォーム店でも対応可能なようです。スーパー専門のリフォーム店に比べると安いケースも多く、検討の際は相見積もりをしてみるのも一つの手かもしれません。

ハウスメーカーなどもスーパーの建設を行います。一般住宅部門とは違い、流通店舗部門が担当します。基本的には店舗のオーナーがハウスメーカーに発注し、建設します。
その後、スーパーとオーナーもしくはハウスメーカーが賃貸契約を結び、店舗をスーパーに貸します。そしてスーパーがオープンして、お客様が買い物に来るというスタイルです。
この場合の店舗デザインは、ハウスメーカーとスーパーが行い、オーナーはそれほど気を使う必要はなく収入を得ることができます。

柏リフォームブログ関連記事:
インテリアの内装工事のススメ
外壁リフォームの相場について

介護向けのリフォームは資格が必要?

介護向けのリフォームを行う際は、資格がなくても工事を行うことができます。トイレの手すりやバリアフリー化など介護向けのリフォームには、介護者に合ったリフォームがいろいろありますが、現状としてはリフォーム業者側に資格がなくても提案したり、ビジネスを行うことが可能です。そのために高齢者を狙った悪質な介護リフォームの提案も、後を絶たないのが現実のようです。

介護リフォームは、要介護認定を受けた方は助成金を活かしてリフォームを行うことができます。そのため通常の価格より安くリフォームが行えます。助成金の支給限度額は20万円となっており、それに満たない場合は工事費の9割を支給してくれる制度になっています。家のすべてのリフォームに適用されるわけではありませんが、介護目的の物ならたいていのリフォームが助成事項に該当してきます。
また申請の手続きも簡単で、領収書や工事明細書、リフォーム前後の写真を添付するだけで申請できます。
申請窓口も市町村の役場になっていますので、手軽に申請できます。

10年ほど前から東京商工会議所がプロデュースした「福祉住環境コーディネーター」という資格があります。
概要は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を整備するための調整役、と位置付けられています。従来の建築なら建築業者、介護は介護業者、医療は医療業者といったところをトータル的にコーディネートして住みやすい環境を作ることのできる資格です。現在では20万人を超える有資格者がいますが、この資格で独立している人は大変少ないようです。福祉用具の仕事に携わる方やホームヘルパーの人が、スキルアップの目的で資格を取得している傾向にあります。

しかし、どの業界でも言えることですが資格の有無によって相手の信頼性を決めつけると、判断に失敗してしまうケースもあります。ご自身の意向と専門員の意向が違い、納得いかないままにリフォームが完了してしまうと、どこかすっきりしないまま生活していかなければなりません。資格はあくまで判断材料のごく一部と考えておく方が良さそうです。

柏リフォームブログ関連記事:
介護側にも大事なリフォーム
介護リフォームの見積もり費用について

太陽光発電の設置する方角は?

太陽光パネルの設置を検討する際には、パネルの方角も重要な要素になってきます。基本的なことですが、太陽光を用いた発電には太陽の光が必要になってきます。そのため、日本国内では太陽光パネルを南向きに設置すると光が良く当たって、よく発電されます。日射量の目安として、南向きを100とした場合、北向きは66、東向きは85、西向きは85となります。 北向きにパネルを設置した場合は、同じパネルでも太陽光発電量が3割以上落ちることが考えられます。真南向きに設置すると、夏場などはパネル表面の温度が上がりすぎて発電効率が落ちる懸念があります。そのため、理想の設置向きとしては南東や南西が好ましいとされています。南東や南西の場合は、96と日射率も少し下がる程度で発電には向いているとされています。

太陽光パネルの設置は、方角以外にも角度によっても発電量が変わってきます。国内でも地域によって適切な角度は違いますが、目安として北海道地域は35度、関東・関西エリアは30度、沖縄エリアは20度ぐらいが一番いいとされています。素人目には、単純に屋根に太陽光パネルを設置すればよいだけ、と考えがちですがベストな機能を発揮しようと思うと様々な条件が絡んできます。一番注意した方がいいことは、何も知らずに太陽光パネルを設置して、あとで実はこっちに設置した方が良かったなど、後悔することです。業者さんにもよると思いますが、ご自身の都合の良い方向で設置位置などを勧めてくると思います。施工のしやすさが主な要因として考えられるでしょう。その時に太陽光発電に関する知識があれば、いろいろ相談できると思いますし、結果的に最良の発電が行えると思います。

既存の家の場合は、屋根の方角や角度は決まっており、太陽光発電のベスト条件に合わないケースも多いと思います。そのうえで納得して、設置するかしないかを判断すると納得のいく買い物になるでしょう。逆に太陽光パネルを付けようと思っていても、条件が悪ければ勇気ある決断も必要かもしれません。

柏リフォームブログ:
柏市の戸建リフォームランキング
省エネ効果のリフォーム

住宅リフォームの際の税金

住宅のリフォームを行うと、条件によって所得税が控除されたり、固定資産税等税金が減額されたりする場合があります。 このような国の後押しもあって近年、リフォームが注目されています。年間の所得金額が3000万円以下で、リフォームした後の床面積が50m2以上、半分以上が居住用で、各種の条件が一致すれば様々な恩恵を受けることができます。国の政策が変わる前に、早めにこうした恩恵は受けておく方が得策といえそうです。

まずは所得税が控除されるケースについて紹介します。住宅リフォームにおいて、耐震改修工事を行った場合は、最高で20万円が所得税額から控除されます。次に一定のバリアフリー工事を行った場合、最高で20万円が所得控除されます。また壁や窓の断熱化によって最高20万円が所得税から控除されます。いずれの所得税控除も、自身での確定申告が必要になります。実際に受けられる控除額は、工事にかかった費用にも左右されますし、総所得額によっても変わってきます。控除適用条件も工事ごとに違ってきますので、一度リフォーム店さんに相談してみる方が安心といえそうです。

次に固定資産税の減額についてです。耐震化、バリアフリー化、省エネ化、いづれのリフォームを行った場合でも固定資産税の減額が期待できます。減額の認定には、各種工事内容が規定条件に当てはまることが必要です。申請は、各市区町村の役場ででき、多ければ年間の固定資産税の半分が減額されます。尚、減額は数年間行われるのではなくて1年間に限るそうです。

あとはリフォームローンを組んだ場合も、リフォーム内容によって住宅ローン減税が適用されます。10年間にわたって年末残高の1%が所得税額から控除されます。確定申告の際に手続きを行う必要があります。

最近では、条件が当てはまれば贈与税の税負担軽減にもリフォームが役立ちます。おじいさんおばあさんから出資してもらい、諸条件が適用されれば、1000万円までの金額については贈与税が非課税となっています。国税庁によると、贈与税1000万円の場合は、約350万円を納税する義務がありますから、リフォームを活かさない手はなさそうです。

柏リフォームブログ関連記事:
リフォームローンの審査について
アパートリフォーム時の減価償却について

床タイルのメンテナンス

当たり前のことですが、床というのは常に接している部分となりますので、その分劣化が早くなっています。住宅の中で最も劣化しやすいのはキッチンやトイレなどといった水回りなのですが、それらはしっかりとメンテナンスをしながらケアをしてあげれば多少長く使用することが出来ます。しかし床の場合は、そうもいきません。住宅の中を移動する際には、必ず床を歩かなければいけませんし、家具を置くのも床の上です。つまり床は24時間365日、ずっと何かしらの負荷がかかっていることになるのです。そう考えますと、最も劣化しやすいのは床ということになります。

また床に使用している床材によっても劣化のスピードは異なります。ご存知の通り、畳は少しでも荒く使用してしまうと、すぐに剥がれたり、破けたりしてしまいます。またフローリングでも傷がつくことがありますし、素材によっては、簡単にシワになってしまうこともあります。そしてタイルの場合も同様です。タイルはその性質上、過度な衝撃を加えてしまうことによって簡単に割れてしまいます。そのため、タイル敷の場所には思い家具や衝撃を与えてしまうような物を置かないものですが、それでも壊れてしまうこともあります。

タイルのリフォームについてですが、実はリフォーム会社に依頼をすることなく、ご自分でも簡単にリフォームをすることが出来ます。貴方の自宅の周辺にもきっとホームセンターはあるかと思います。ホームセンターには、接着剤を使用することなく簡単に誰でもタイルを貼ることの出来る簡易的なタイルが販売されています。通常のタイルよりも多少軽量化していますので、女性でも簡単にタイル貼りの床を作ることが出来ます。 そのタイル以外に発生する費用はありませんので、ご自分でリフォームをされた方が、リフォーム会社に依頼をするよりも圧倒的に費用を安く抑えることが出来ます。インターネットでもやり方が公開されていますので、参考にしてみてください。

柏リフォームブログ関連記事:
タイルのプチリフォームについて
秀和リフォームの評判や体験談

浴室のバリアフリーリフォーム

水回りのリフォームを希望される方が多く、中でも浴室のリフォームはとても多くのご家庭で求めている場所の一つです。浴室をリフォームして快適に入浴を楽しめるリラックス空間を作りたいと誰もが思うことです。確かにリラックス空間作りも大切です。しかしそれ以上に大切なことがバリアフリー化です。最近の統計では住宅内で最も事故や怪我が多くなっているのが浴室なのです。特にお年寄りの方に多く、不幸なことに浴室の事故が原因でお亡くなりになられた方もいます。今現在お年寄りと一緒に生活をしていなかったとしても、貴方自身年齢を重ねていくことによって、バリアフリー化が必要となってくることでしょう。

浴室のリフォームにはまとまった費用が必要となりますが、目的がバリアフリー化でしたら、助成金を申請することが出来ます。しかも助成金だけではなく、所得税から減税される制度もありますので、リフォームをすることによっての家庭の経済に大きな負担をかけてしまうこともありません。助成金を受けるためには、自治体に予め申請する必要があり、審査をパスすることが出来れば、決められた金額までもらうことが出来ます。

また減税に関しても、確定申告をすることが前提となっており、何も申請をしなければ、制度が適用されませんのでご注意ください。自治体によっては助成金も減税も申請方法が異なっていることがありますので、事前に窓口に問い合わせをして確認をしておくようにしましょう。

浴室のバリアフリー化を具体的にご説明しますと、手すりを付けたり、段差を無くしたり、また滑りにくい床に取り替えるなどが挙げられます。これらをリフォームすることで、お年寄りの方でも身体の不自由な方でも安心して入浴を楽しむことが出来るようになるでしょう。どのようにリフォームが進められているかはリフォーム会社に確認し、リフォーム期間は浴室が使えないこともありますので、その準備もしておくことが大切です。

柏リフォームブログ関連記事:
介護リフォームの見積もり費用について
浴室のユニットバスへのリフォーム工程

照明のリフォームについて

私達が生活することに欠かすことの出来ないのが照明です。昼間太陽が出ている時には、日当たりの良い建物でしたら照明を利用する必要はありませんが、夜はそういうワケにはいきません。照明を使用することによって、人工的な光を作り、夜の生活を支えています。

ただ単に照明と言いましても様々な種類があり、ちょっと照明をリフォームすることによって、ご自宅の雰囲気を大きく変えることが出来ます。通常、照明というのは、天井に吊るして上から光を当てることになりますが、これは夜の暗さを解消するためのごく一般的な照明の使い方となります。 しかし同じ照明であっても使い方によっては、まるでホテルのような理想的な空間を演出することが出来るようになります。中でも人気なのが間接照明です。その名の通り、間接的に当てる照明であり、直接照明から光を当てるのではなく、壁などに隠れている照明をその壁にあて、光を演出します。間接照明というのは、生活の光と考えるよりも、自宅の雰囲気作りによく使われます。

ただ廊下などには間接照明が多く選ばれています。上部に取り付けることもあれば、足元に取り付けることもあります。これによって、暗い廊下も美しい光の効果によって、昼間と夜とでは、全く異なる顔を見せてくれることでしょう。もし照明のリフォームをご検討されているのでしたら、間接照明に重点を置いて相談をしてみると良いかもしれません。もちろんリビングや寝室にも間接照明は効果的で、照明器具を剥き出しにしていない分、広々とした空間を作り出すことが出来ます。

またデザインだけを重視されているのでしたら、ご自分で出来るプチリフォームをオススメします。インテリアショップやホームセンターなどには数多くのオシャレな照明器具が販売されています。これらの照明器具を玄関や部屋の片隅にさりげなく設置するだけでも雰囲気がガラッと変わります。光と自宅との見事な共演が、理想的で幻想的な世界を生み出してくれることでしょう。

柏リフォームブログ関連記事:
省エネ効果のリフォーム
柏市の戸建リフォーム会社ランキング

ガルバリウム鋼板のメリット

今多くの建物の屋根で使用されている屋根材と言えばガルバリウム鋼板が挙げられます。従来の屋根材よりもメリットが多いことから、屋根をリフォームをされる方の多くはガルバリウム鋼板を選んでいます。

そもそもガルバリウム鋼板というのは、アルミと亜鉛で鉄の部分を守ることによって誕生した鋼板となります。基材は鉄板であり、その中にアルミニウム、亜鉛、シリコンなどを溶融し、ガルバリウム鋼板として売り出されています。まだガルバリウム鋼板の歴史は浅く、1971年にアメリカで始めて開発されました。 そしてその数々のメリットがあるガルバリウム鋼板は住宅の屋根に使用することが当たり前となってきたのです。常に雨風にさらされることになる屋根材というのは、外壁材よりも優れた耐久性能が求められます。最近では屋根だけに限ったことではなく、外壁材にもガルバリウム鋼板を使用するケースが多く、続々とリフォームをされています。 さて、それではどうしてここまでガルバリウム鋼板を選ぶ方が増えてきているのでしょうか?ここでは簡単に3つの特徴をご紹介させていただきます。

まず1つ目としまして、やはり耐久性です。厳しい環境の中、24時間365日住宅を守る屋根は、特に耐久性が求められます。ガルバリウム鋼板はその耐久性に最も優れており、さらに大雪時の降雪にも耐えることが出来ます。

次に高度な加工にも耐えることが出来るということです。素材の質感を生かした模様から選ぶことができ、様々な住宅のデザインにマッチします。その他、曲線にしたり、高度に曲げたりすることも出来ますので、オリジナリティ溢れる屋根を実現することが出来るのです。

最後に見た目です。耐震性や耐久性は住宅で最も大切な部分ですが、やはりデザイン性も重要視したい部分です。どんなに耐震性に優れている住宅だったとしても、理想的なデザインで無ければ、納得することは出来ません。そこでガルバリウム鋼板の出番です。自由度の高いデザインを実現することが出来ます。

柏リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォームでおススメのガルバリウム
秀和リフォームの評判や体験談