柏市リフォーム会社評判ランキング | 人気の施工業者を厳選!

柏市内のリフォームを請け負う会社さんの口コミを集めて評判順にランキング形式でご紹介しています。

本当に信頼できるリフォーム会社を口コミから選ぶなら
浴室のユニットバスへのリフォーム工程

浴室のユニットバスへのリフォーム工程

本日はタイル張りの浴室から、ユニットバスへのリフォーム工程についてご紹介します。リフォームをされる際に心配される方は、こういった事をチェックする様にしましょう。

工事する家庭の諸条件により工程が異なる事がありますが、基本的には解体、配管、組み立て、補修と仕上げになります。
工事は、まずは養生から始めます。養生とは、土足で歩いては行けない場所や既存部分を痛めないように養生用シートや薄いベニヤ板をしっかりと張る事です。次に、浴室内のシャワー水栓や鏡等をはずし、これで解体前の作業は終了し、解体作業に入ります。解体は、既存の壁や浴槽を外し、廃材を運び出しながら行います。

解体が終わったら、土間の部分を安定させる為にコンクリートを打つか、打たない場合には鉄骨の架台を土間に設置します。
コンクリートを打つ際に、土台に腐食等があった場合には補強や防腐剤を使用します。また、2階設置やマンション、ベタ基礎によりコンクリートを打つ必要の無い場合には、この工程は省かれる事があります。

次に、給排水給湯配管を新たに設置します。昔の給水管や給湯管は鉄筋作りが多く、管の老朽化やつまりの心配があるので、出来れば浴室のリフォームの際に取り替えると良いです。ただし、配水管は樹脂製で腐食の心配が無いので、そのまま使用するケースが多いです。次に、ユニットバスの床パネルを平行になるように設置し、ユニットバスの組み立てに入ります。
ユニットバスは、壁や天井、浴槽等全てが個別に分かれているので、予め工場で部品を組み立てておき、部材事に現場に搬入して組み立てを行います。その後、大工工事によって壁を造作します。

ビニールクロスを張る際に石膏ボードの継ぎ目が浮き出ないように、パテ処理を行い、ビニールクロスを張り、洗面所の設置も行います。その後、ユニットバスのドア枠や部分解体の補修、洗面所各部の補修、配管の仕上げも行います。最後に、クッションフロア施行や洗面所のクロス、照明、設備機器の配線仕上げを行い完成です。このリフォーム工程は、約1週間で終了します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)