柏市リフォーム会社評判ランキング | 人気の施工業者を厳選!

柏市内のリフォームを請け負う会社さんの口コミを集めて評判順にランキング形式でご紹介しています。

本当に信頼できるリフォーム会社を口コミから選ぶなら
住宅リフォームの際の税金

住宅リフォームの際の税金

住宅のリフォームを行うと、条件によって所得税が控除されたり、固定資産税等税金が減額されたりする場合があります。 このような国の後押しもあって近年、リフォームが注目されています。年間の所得金額が3000万円以下で、リフォームした後の床面積が50m2以上、半分以上が居住用で、各種の条件が一致すれば様々な恩恵を受けることができます。国の政策が変わる前に、早めにこうした恩恵は受けておく方が得策といえそうです。

まずは所得税が控除されるケースについて紹介します。住宅リフォームにおいて、耐震改修工事を行った場合は、最高で20万円が所得税額から控除されます。次に一定のバリアフリー工事を行った場合、最高で20万円が所得控除されます。また壁や窓の断熱化によって最高20万円が所得税から控除されます。いずれの所得税控除も、自身での確定申告が必要になります。実際に受けられる控除額は、工事にかかった費用にも左右されますし、総所得額によっても変わってきます。控除適用条件も工事ごとに違ってきますので、一度リフォーム店さんに相談してみる方が安心といえそうです。

次に固定資産税の減額についてです。耐震化、バリアフリー化、省エネ化、いづれのリフォームを行った場合でも固定資産税の減額が期待できます。減額の認定には、各種工事内容が規定条件に当てはまることが必要です。申請は、各市区町村の役場ででき、多ければ年間の固定資産税の半分が減額されます。尚、減額は数年間行われるのではなくて1年間に限るそうです。

あとはリフォームローンを組んだ場合も、リフォーム内容によって住宅ローン減税が適用されます。10年間にわたって年末残高の1%が所得税額から控除されます。確定申告の際に手続きを行う必要があります。

最近では、条件が当てはまれば贈与税の税負担軽減にもリフォームが役立ちます。おじいさんおばあさんから出資してもらい、諸条件が適用されれば、1000万円までの金額については贈与税が非課税となっています。国税庁によると、贈与税1000万円の場合は、約350万円を納税する義務がありますから、リフォームを活かさない手はなさそうです。

柏リフォームブログ関連記事:
リフォームローンの審査について
アパートリフォーム時の減価償却について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)